無料ブログはココログ

« 24VDC電源の製作 | トップページ | コロナ禍の報道 »

2020年10月30日 (金)

日本学術会議問題

菅首相が日本学術会議会員105名中6人を任用しなかった問題で、連日マスゴミ・野党をにぎわしている。

学問の自由に対する侵害だとか、学者に対する敬意がないとか、教養がないとか、まあ、大賑わいだ。

ワイドショーもさっそく連日取り上げ、いずれの局もそればかり。逆に学術会議こそ反日的で左翼の支配が強く、むしろ学問の自由を侵害しているのは学術会議の方だとか、学術会議の在り方や学者の実態までが白日の下にさらされて、大混乱だ。

学術会議がかつて軍事研究はやらないという声明を出したときは、正直驚いたものだが、なんて時代おくれな連中だというのが、その時の感想だ。

だがどう考えても大した問題ではない。野党は国会で追及すると息巻いているが、モリカケの二の舞になるだろう。

 

これは菅首相が撒いた餌ではないか?必ず野党とマスゴミが飛びつくはずだと計算していたのではないか?

その間に、着々とインド太平洋クワッドを推進させ、コロナ対策とデジタル庁設立へ向け驀進し、縦割り行政打破の改革を進めている。これが菅内閣政治の本質だ。野党やマスゴミは学術会議問題で騒いでいたらいいさ、と見下しているのではないか。

学術会議問題は政府には違法性はないし、批判勢力はつまるところ「意地悪はよせ!」ぐらいしか反論できない。答弁は楽だし、野党の追及もどうせ大したことはできないとタカをくくっていると思う。そしてその通りなのだ。

来週にはアメリカの大統領選挙の結果が出る。話題は一斉にそちらに移るし、状況によっては解散総選挙に打って出れば野党勢は総崩れになることは間違いない。衆院の任期もあと一年未満なので、解散が無くても支持率の低い野党は生き残りに必死だから、学術会議と心中するつもりはさらさらない。

つまり足元を見られているのさ。そこに飛びつきそうな餌をあのとき撒かれた、と気づくのは野党が選挙で負けてからだろう。

左翼は頭が悪くなったなあ。

 

 

 

 

 

« 24VDC電源の製作 | トップページ | コロナ禍の報道 »