無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月12日 (日)

韓国司法の異様さ

2020.7/8

韓国地裁が北朝鮮の金正恩委員長に対し、元韓国軍人への賠償を命じる判決を言い渡しました。


またぞろ、おかしな判決が出された。朝鮮戦争の際の韓国軍兵士が北朝鮮の捕虜になり、ひどい扱いを受けたから、ということらしいが、

戦争当事国が敵国政府首領を訴えること自体、普通は考えられない。戦争なんだから。

日本に対しても強制徴用工に謝罪と賠償を求め、勝訴して日本企業の資産を売却するという。

ずっと以前の1965年の日韓条約ですべて解決済みなのに、・・・である。

韓国政府が原告に対応すべき問題なのである。少なくとも世界の常識はそうだ。

 

さて、韓国政府はどうするだろうか?興味津々である、というより不謹慎ながら思わず笑みがこぼれてしまう。

韓国大統領は北朝鮮工作員である。北朝鮮の金正恩にこびへつらい、統一と称して韓国を北に捧げようとしているのは周知の事実だ。政権は完全に北の工作員で固められている、もちろんガチガチの反日意識である。

日本に敵意を向けたように、北にも判決に従い、賠償せよというだろうか?・・・言うわけないな。北朝鮮だけは同胞だから別、という言い訳にもならないことを言い始めるのだろうか?それとも原告を秘かに亡き者にしてしまうか?慰安婦問題の影のフィクサーであったソウル市長も謎の死を遂げているし・・・・。

この時、これは韓国内で解決せざるを得ないという世界常識があらためて考慮されることになる。

そうなのだよ!文在寅よ!韓国内で賠償するという法律を制定するしかないのだよ。三権分立がどうのこうのというのは一国内での原理に過ぎないのだから。

8月4日には徴用工判決に基づく資産売却期限が来る。韓国はこの期限を見せびらかして、さあ、日本よどうする?さあどうるる?と脅迫してきたが、日本は無視するどころか、10倍返しするぞと逆に脅している。

8/4が楽しみだなア。

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »