無料ブログはココログ

« トランプ大統領の電撃北朝鮮訪問 | トップページ | 断崖に向かってさらにギアを上げる韓国 »

2019年7月 5日 (金)

韓国にフッ化水素など禁輸措置

日本政府は、さらっと凄いことをやった。フッ化水素やフォトレジストフィルムなど半導体製造に欠かせない物資を「禁輸」ではなく、輸出許可手続きを優遇国リストから外したということであって、禁輸ではない。普通の手続きをすれば問題なく韓国でも輸入可能だ。

しかし普通の手続きというのが90日以上かかり、個別輸出案件ごとに手続きしなくてはならない。いままでは一つの手続きで3年間有効だったのにだ。事実上の禁輸であり、韓国半導体産業は壊滅すると言われ、韓国では大騒ぎとなっている。

しかしこの件は昨年あたりから可能性として言われてきているのであって、韓国が何も対応策をしてこなかったのが不思議だ。まあ技術的に代替品を見つけるのは現状では難しい。

もうひとつ日本政府は「これは徴用工問題の報復ではない」と言っていることだ。まあ、法律上禁輸ではないのだから、理屈上はそうだ。

今回の禁輸措置が韓国半導体産業を壊滅に追いやる結果になることだが、私の疑問はそこではない。

度重なる韓国の無礼・非礼・ルール違反・ムービングゴールポストなど反日政策は数えきれないが、日本は「遺憾砲」を打つだけで、厳しい対応はしてこなかった。それが韓国を増長させたというのは事実であるが、日本が厳しい対応を取れなかったのはアメリカへの配慮からだ。支那や北朝鮮に対抗するために日米韓の結束が大事と口を酸っぱくして言ってきたのがアメリカで、駄々をこねる韓国への日本の対応に「大人の対応をしてくれ」と我慢を強いてきたのであった。

するとアメリカも今回は日本に横やりを入れなかったということだ。

トランプ大統領と安倍晋三首相は非常に良い関係であって、微妙な話でも腹を割って話せる間柄だ。G20で安倍首相がトランプに何かささやいたのか?トランプがアメリカの方針を変えたのか?だ。

ここで在韓米軍の撤退問題が思い浮かぶ。撤退準備は着々と為されている。駐留軍のローテーション化(常駐しないということ)、軍人家族の避難訓練、軍人家庭の小学校廃校、国境最前線の基地を平沢基地へ後退移動・・・などだ。

ただ米軍撤退は北朝鮮に誤ったシグナルを送ることになり、北の韓国への南侵を誘うことになる。それで日米間の結束が大事と言い続けてきたのだった。

北は南侵の意欲はあるだろうが能力はあるのだろうか?石油がない、70年前の朝鮮戦争当時の旧式の兵器体系、唯一最新の兵器と言えば核ミサイルだ。しかし南侵に核ミサイルを使えば放射能汚染で南侵した意味がなくなる。だから南侵する場合は従来兵器によるしか考えられない。

それなら、戦意を別にすれば韓国軍だけでも十分防衛可能だ。

でアメリカは戦時指揮権も韓国に渡し済みだし、そうなれば韓国軍の指揮下で米軍が闘うというバカげた想定はないので、撤退時期としては日程に上っているとみるべきだ。これを安倍首相とトランプ大統領は確認しあったのではないか?

こういう前提であれば、日本政府が毅然として韓国に「戦略物資禁輸」的な措置がようやく可能になるというものだ。

韓国の驚きは、「どうせ日本は遺憾だ、ぐらいしか言ってこないし、やがては折れるにちがいない」という甘い想定が崩れたからだ。

サムスンもハイニックスもてんやわんやの大騒ぎになっていて、韓国外務省は日本をWTOに訴えてやる、と息巻いている。だが通常手続きに戻しただけで禁輸でないのでWTOは受理しないはず。

またこれらも上記の件も表面上の動きで、実はフッ化水素を半導体製造工程用でなくウラン濃縮用の中間財イエローケーキという粉末状の材料

に使われ、これを北朝鮮やイランに売っていた可能性があることもわかっている。その事実もばらすぞ!とこっそり脅かしているかもしれない

韓国が手の打ちようがないのは明らかだ。ただ仕返しとして各種の嫌がらせは当然やるだろう。

世耕大臣が「これは報復ではない」という意味がどういうことなのか、例によってマスコミや日本野党はまるで分っていない。

韓国を困らせる日本政府を「大人げない」と嘆いて見せるだけだ。

 

« トランプ大統領の電撃北朝鮮訪問 | トップページ | 断崖に向かってさらにギアを上げる韓国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事