無料ブログはココログ

« 韓国の病弊 | トップページ | 日本には珍しい速攻の対韓対抗措置 »

2016年12月17日 (土)

日ロ首脳会談

2日間にわたる日露首脳会談が終わった。北方4島の返還については進展なし、経済協力だけを約束させられたようだと、安倍首相を批判する意見が多いように感じる。
そのなかでロシアは指摘している北方4島を返還した場合にアメリカの基地がおかれるのではないか、という疑念が晴れない、ということがある。
なるほど、そう言われればそうだ。
日米安保条約内の地位協定では「アメリカはいつでもどこでも好きなだけ日本国内の土地を基地に利用できる」というものがある。これをもって日本はいまだにアメリカの属国だと言われることもある。
確かに地位協定は独立国家の条約とは言えない屈辱的なものだ。
ロシアにしてみれば、日本に北方4島を返還したら、すぐさま米軍基地ができるのであれば、話にならない、というのは当然だろう。
日本は日米地位協定を見直してから出直してこい!という態度のようだ。
 
日本はこれに有効な反論ができるのか?
外務省や防衛相はこれに反論することを検討してきたのだろうか?検討はしたものの、今は口に出さないということはありうる。
安保条約の部分改定でもしなければ、ロシアと交渉は無理かもしれない。
もちろん原理上は、本来日本の領土であり、返還された暁にはどう利用しようとロシアの知ったことか!などとケツをまくったのでは、子供の喧嘩だ。
安倍政権の見通しとしては、経済協力で実を上げ、ロシアがもっと欲しいというのを待つつもりではないか?日本のさらなる経済開発協力があれば、ロシアは立ち直る、それなら北方4島は返してもよい、となるまで、待つつもりなのではないか?
仮にアメリカがそこに基地を建設するのは困るが、日本の自衛隊基地が配置されるのならまあいいか、ぐらいの気持ちになるよう経済協力を武器として使うつもりではなかろうか?
経済協力しないでロシアが疲弊するのを待つ、という手もある。だがそれは対中国を考えるとまずい、日露で中朝を包囲した方が良い、という狙いもあろう。
トランプがどう出るかはまだ未知数だし、戦略を練るにも、もう少し変数の動向を見たいということのようだ。変数は、トランプ政権の方針、欧州(仏・独)の行方、がまだわからないからだ。
こういう状況なので安倍外交の失敗とは言えないだろう。もちろん成功もしていない。
 
 
 

« 韓国の病弊 | トップページ | 日本には珍しい速攻の対韓対抗措置 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつもご意見を楽しみにしております。今回の北方領土の件に関しては楽観的過ぎるのではないでしょうか。ロシアは歴史的にも地勢的にも東進・南進を基本として領土を広げてきました。ウラジオストクのある沿海州なども支那からぶんどった土地です。日本から見た歴史では樺太・千島交換協定で千島は日本領なので、北方領土とは千島列島全域を返還要求すべきものなのです。とは言っても日露平和条約云々で4島となったため今日の状況になっていますが、歴史的に見てもロシアは一旦手に入れた領土は絶対返すことはありませんでした。返還を期待することは幻影と思います。
ロシアを信用してはなりません。ご再考を。

c400d70さん、コメントありがとうございます。
別に楽観などしてません。ロシアがいったん領土としたものを返すものか、という疑念は当然です。そして変換したらプーチン政権は保ちません。
ただ、極東シベリアは人口減に悩んでおり、シナ族の人口拡大が目立っております。ロシアはこれもけん制しなければなりません。
帝政ロシア時代にクリミア戦争で英仏に負けそうになると、アラスカをアメリカに売り渡しました。こういうことも歴史上はありますし、またソ連崩壊により周辺属国がみな独立したのも記憶に新しいところです。だから国際情勢をにらみつつ、機会を待ち、いざというときに、例えば日米安保解消とかロシア崩壊とかがある場合に、国防力を高めておいて、外交で取り戻すようにしないとならないような気がします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日ロ首脳会談:

« 韓国の病弊 | トップページ | 日本には珍しい速攻の対韓対抗措置 »