無料ブログはココログ

« 東アジアの緊張関係から開戦条件を分析する | トップページ | 専門家の分析はすごい! »

2016年11月10日 (木)

戦後レジームの完全終了

トランプがアメリカ新大統領になる。予想が外れたが、期待通りにはなった。
日本でもアメリカでもマスゴミへの信頼度が一層低下した模様。
マスゴミはもちろん、アメリカのマスコミも日本と同じ轍を踏んだ。
庶民の声や、動向にはかけ離れた存在だということだ。政治ジャーナリストやらも同じだった。彼らはかくも世の流れに鈍感なのである。
 
こうして世界が激変する。イギリスのEU離脱から始まった、というより日本の安倍政権の
「日本を取り戻す」政治への傾斜が先行しており、イギリスがこれに続き「不法移民はごめんだ」という国民感情が政治専門家の予測を超えて、一夜にしてEU離脱を決定した。
これにトランプが{アメリカファースト」をスローガンとして乗ったということだ。
こうして戦後レジームは完全に終了した。
左翼リベラリズムは退場を宣告されたのである。多民族共生など幻想であって、迷惑だと断じたのである。
 
安倍首相が前に進もうとするとすべての信号が青に変わるという安倍マジックを今度も見せてくれた。
 
トランプは自国の安全保障は自国でやれ、アメリカは他国の面倒まで見られん、という
言動で選挙戦を戦った。これはオバマも同じでヒラリーもオバマ路線を踏襲するというのだから、アメリカはもはや同盟国と言えど、駐留費用を出さないなら駐留軍を撤退すると言ってくるだろう。
それには、金は十分に出していると反論すべき。全費用を出せというなら安保条約の文章を書き換え、「アメリカは日本を守ることがあり得る」などというふざけた文章でなく、「必ず守る」と変えろ、というべき。
それでも出せというなら、実態は巨額の紙屑であるアメリカ国債で賄うと言えばいい。
日本はなにも困らない。
それより防衛力強化をすることにアメリカの機嫌をうかがう必要がなくなった。
憲法も改正し、自衛隊を国防軍に変え、普通の国になるべきだ。そうすれば北朝鮮の拉致被害者も奪還できるし、竹島も実力で奪還できる。北方領土の返還交渉も軍のプレゼンスがあるのと無いのでは天地ほどの差があるというものだ。
そういう実績を出すか、日本ならやりそうだ、と思わせることが抑止力になる。
この流れは次にフランスの大統領選でルペンを選ぶことにつながり、フランスもEU離脱するとなってEUは崩壊する。
こうして世界はようやく冷戦後の新たな枠組み構築に向かって動き出す。
中韓はすでに死に体だ。暴発させずに、静かに死んでもらう誘導方策はやらねばならない。

« 東アジアの緊張関係から開戦条件を分析する | トップページ | 専門家の分析はすごい! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トランプ決定直後の東京マーケットの下げ幅はすごかったけど、アメリカでは逆に上昇。このへんの動きは、まったく予想外でした。日本にとっても、ヒラリーよりは、良かったのかも。

低山さん。いつもコメントありがとうございます。
下げ幅が一時1000円とすごかったですが、翌日はあっさり値を戻しました。あれはなんなんでしょうね。
まるでロスチャイルドみたいな相場操縦士がいるようだった。ワーテルローの戦いのとき、ナポレオンに最初はかけていたのを、ある時点で一斉に売りに出し、ウェリントンに変え、大儲けしたのがロスチャイルド家です。それに似ているってこと。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後レジームの完全終了:

« 東アジアの緊張関係から開戦条件を分析する | トップページ | 専門家の分析はすごい! »